熊本知事、復興支援に感謝 三重・桑名のレジャー施設で

 「なばなの里」を訪れ、光のトンネルでポーズをとる熊本県の蒲島郁夫知事とくまモン=16日夕、三重県桑名市
「なばなの里」を訪れ、光のトンネルでポーズをとる熊本県の蒲島郁夫知事とくまモン=16日夕、三重県桑名市
写真を見る

 熊本県の蒲島郁夫知事は16日、同県の自然や名所をモチーフにした巨大イルミネーションで熊本地震からの復興を支援している三重県桑名市のレジャー施設「なばなの里」を訪れ、支援に感謝するとともに熊本観光をPRした。

 イルミネーションは高さ約30メートル、幅約155メートルにわたって並べた無数の発光ダイオード(LED)電球で、阿蘇山や熊本城といった名所や、県のPRキャラクター「くまモン」が走り回る姿を映し出す。昨年10月にスタートし、今年5月6日まで展示される予定。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]