別府温泉の入湯税、大幅引き上げ 1億5千万円の税収増見込む

 温泉の湯煙が立ち上る大分県別府市の市街地
温泉の湯煙が立ち上る大分県別府市の市街地
写真を見る

 別府温泉を抱える大分県別府市の市議会は12日、温泉施設の宿泊客に課税する入湯税を大幅に引き上げる市条例の改正案を賛成多数で可決した。50~150円の税額を最大で全国最高額の500円とし、来年3月までに導入。年間1億5千万円の税収増を見込む。

 大分県では来年、ラグビーワールドカップ(W杯)が開催され、訪問者の増加が見込まれている。2020年の東京五輪・パラリンピックによる訪日外国人客の増加も見据え、市幹部は「観光が基幹産業の別府市としては、この機会を逃せない」としている。

 宿泊・食事代が6001~5万円の場合は250円に、5万円超は500円となる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]