障害者サーファーに歓声 パラ採用目指す、千葉

 体に障害がある人の「アダプティブサーフィン」のエキシビションマッチに参加した日本障害者サーフィン協会の阿出川輝雄代表理事=18日午後、千葉県いすみ市の太東海水浴場
体に障害がある人の「アダプティブサーフィン」のエキシビションマッチに参加した日本障害者サーフィン協会の阿出川輝雄代表理事=18日午後、千葉県いすみ市の太東海水浴場
写真を見る

 体に障害がある人の「アダプティブ(適応)サーフィン」のエキシビションマッチが18日、千葉県いすみ市の太東海水浴場で開かれ、義足や義手のサーファーが次々と波をとらえた。主催する日本障害者サーフィン協会(同市)によると、世界大会の採点基準を取り入れた障害者の大会は国内初。協会はパラリンピックでの採用を目指す。

 首都圏を中心に30~70代の男性8人が参加。波が低く海水も冷たいコンディションだったが、腹ばいや立った状態でボードを操り、波の上を滑るたびに100人以上の観客から歓声が沸いた。障害の程度に応じたハンディキャップを決め、演技点と合算して競った。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]