番組ネット配信の共通化を 規制改革会議が答申へ

 政府の規制改革推進会議が近くまとめる答申で、NHKや民放が別々に実施しているテレビ番組のインターネット配信を、共通のプラットフォーム(基盤)で行うよう提案することが1日、関係者への取材で分かった。

 日本勢が団結して、米国発の世界的サービス「ネットフリックス」などに対抗する狙い。実現すれば、視聴者は同じサービスで各局の番組を見られるようになる。

 現在、NHKの「NHKオンデマンド」など有料サービスで、主に放送済みの番組を提供。民放各局は「TVer(ティーバー)」で、放送直後の一部番組の無料配信も実施している。答申は事実上、これらの統合を要請する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]