警視総監がプロ野球で始球式 テロ防止に協力呼び掛け

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は9日、プロ野球巨人―西武戦があった東京ドーム(東京都文京区)で、テロ防止への協力を呼び掛け、吉田尚正警視総監が始球式で1球を投じた。

 制服姿で登場した吉田総監は、大きな拍手に迎えられてマウンドへ。投げたボールはワンバウンドで、巨人の小林誠司捕手のミットに収まった。

 始球式前には、東京ドームを管轄する富坂署の署長らが、「テロを許さない街づくり」などと書かれた横断幕を掲げ、警視庁のマスコットキャラクター「ピーポくん」とグラウンドを歩いた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]