ウナギの輸入ピークへ、成田空港 20日の「土用の丑」前に

 ウナギを確認する成田税関支署の職員=11日午後、成田空港
ウナギを確認する成田税関支署の職員=11日午後、成田空港
写真を見る

 20日の「土用の丑の日」を前に、東京税関は11日、成田空港に空輸されたウナギの通関手続きを公開した。運搬用の段ボールからおけへ移され、ぬるぬると身をくねらせる様子を税関職員が確認した。今週末ごろが輸入のピークと見込んでいる。

 公開したのは、千葉県成田市の輸入業者「丸勝」が中国から空輸した約1トン。同社によると、今年は国産が不足し、輸入価格は昨年より25%ほど高いという。西勝光治社長(69)は「例年通りふっくらしておいしい」とアピール。成田税関支署によると、今年1~5月の成田空港のウナギ輸入量は約2200トンで、前年同期比で約6割増えた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]