中部空港、サムライや忍者でPR 「聖地」として訪日客誘致

 中部空港で「サムライ×NINJAの聖地」をPRする武将や忍者たちと関係者=13日午後
中部空港で「サムライ×NINJAの聖地」をPRする武将や忍者たちと関係者=13日午後
写真を見る

 中部空港は13日、戦国武将や忍者をテーマにした情報発信を強化し、外国人観光客の利用増加につなげるプロジェクトを展開すると発表した。中部地域は織田信長や豊臣秀吉、徳川家康らの武将を輩出し、伊賀忍者で知られる三重県伊賀市なども抱える。「サムライ×NINJAの聖地」として海外にPRする。

 空港全体を戦国時代のイメージに演出し、手裏剣を投げる忍者が飛び交うプロジェクションマッピングの導入も検討。航空会社や自治体、宿泊施設とも連携し、「関ケ原の戦い」の舞台となった岐阜県関ケ原町などの合戦地や城跡を巡るツアーを企画する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]