鉄旅オブザイヤーに只見線列車旅 準グランプリは八戸線の旅

 2018年度「鉄旅オブザイヤー」で、グランプリを受賞した旅行商品の企画担当者ら=6日午後、さいたま市の鉄道博物館
2018年度「鉄旅オブザイヤー」で、グランプリを受賞した旅行商品の企画担当者ら=6日午後、さいたま市の鉄道博物館
写真を見る

 国内の優れた鉄道旅行の企画商品を表彰する2018年度「鉄旅オブザイヤー」の授賞式が6日、さいたま市の鉄道博物館で開かれた。グランプリには、JR東日本の只見線でトロッコ列車に乗って福島県の沿線各地を巡るとともに車内結婚式を挙げるカップルを祝福する、読売旅行(東京)などが企画した旅が選ばれた。

 鉄旅オブザイヤーは鉄道や旅行業界が毎年実施しており、今年で8回目。旅行会社から104件の応募があった。

 準グランプリはJTBなどの商品で、JR東日本の八戸線で貸し切り列車に乗り、岩手県洋野町で打ち上げ花火を鑑賞する旅が選ばれた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]