プラレール発売60年で記念施設 「両国駅」ジオラマ展示

 JR両国駅前に完成した「両国 プラレール駅」のジオラマ=8日午後、東京都墨田区
JR両国駅前に完成した「両国 プラレール駅」のジオラマ=8日午後、東京都墨田区
写真を見る

 鉄道玩具のロングセラー「プラレール」の発売60周年を記念し、プラレールの大型ジオラマなどを展示する「両国 プラレール駅」が東京都墨田区のJR両国駅前に完成、8日、報道陣に公開された。9日から4月7日まで営業する。

 販売元のタカラトミーとJR東日本が協力し、おなじみの青いレールで製作した幅約4・5メートル、奥行き約1・8メートルのジオラマや、新旧の約260編成が集結した全長9メートルの車両基地を展示。来場者がプラレールで遊べるコーナーや限定グッズが賞品のアトラクションもある。入場は2歳以下は無料、3歳―小学生1800円など。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]