2008年6月14日

県栄養士会が園児に食育寸劇 鳥栖市の幼稚園

 県栄養士会鳥栖支部は10日、鳥栖市の神辺幼稚園(木村シナ子園長)を訪れ、同市の食育事業の一環として、偏りのない食生活の意義を伝える寸劇を披露した。

 同支部のメンバー3人は、手作りの栄養バランス表の色分けに合わせた衣装を着用。しょうゆや納豆といった大豆を原料とする食べ物をモチーフにしたキャラクター「ダイズ5」の絵を使い、31人の園児に約30分間、話を聞かせた。

 2005年から開催しており、今年も5月から11月までに市内すべての幼稚園、保育所19カ所を訪れる予定。大島貞子栄養士は「朝食を食べたり、好き嫌いなく野菜を食べたりする子が少しずつ増えているのがうれしいです」と話した。


=2008/06/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]