2008年6月26日

「食と命のつながり知って」 助産師の内田さん 7月3日に講演 佐世保市

 ■食 くらし 佐世保発■

 佐世保市の市民団体「大地といのちの会」は7月3日、命と食について考える講演会「愛された子どもは素敵な大人になる-食卓から始まる生教育」を同市松山町の聖和女子学院講堂で開催する。

 講師は福岡県行橋市在住の助産師、内田美智子さん。内田さんは思春期保健相談士として性的トラブルを抱える10代の女性と多く接しており、今回は主に女子高校生を対象に、母親になる喜びや異性との交際で気を付けるべきこと、日常の食生活が将来生まれる子どもに与える影響などについて話す。

 内田さんは「最近は食を軽視する若い母親が増えている。食べることは次の命につながるのだということを伝えたい」と話している。

 講演は午後一時25分-同3時。同学院の生徒と保護者は無料。一般参加も参加費500円で150人まで参加可。大地といのちの会事務局=0956(25)2600。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]