2015年2月 7日

こねこね 米粉パン作り 玖珠町・たかす保育園児 小さな手で挑戦

 玖珠町帆足のたかす保育園(帆足久子園長)の園児が5日、米粉を使ったパン作りを体験した。町内産の米粉消費拡大に協力する試みで、園児たちは小さな手で生地をこね、パンの形を作り上げた。

20150207syoku.jpg 町内産米を製粉し、食品の原材料づくりや消費拡大に取り組む町商工会が企画。食育の一環として園児に料理や野菜作りを体験させている同保育園に持ちかけ実現した。

 この日は年長組の園児11人がパン作りに挑戦。ドーナツ型や細長い形など思い思いの形に生地を仕上げ、調理室で焼き上げたものを昼食で食べた。園児(6)は「こねこねして形を作るのが面白かった。また作ってみたい」と楽しそうに話した。

【写真】米粉を使ったパン作りに挑戦するたかす保育園の園児

=2015/02/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]