2003年12月17日

食卓の向こう側・第1部<1>プロローグ こんな日常どう思いますか?

shoku_ph1.jpg
それぞれの家庭に、それぞれの食卓がある (写真は本文と関係ありません)

 私たちの食生活は昭和三十年代を境に大きく変わりました。肉、牛乳、パンなど洋風化が進み、インスタントラーメンといった手軽な食品も次々に誕生。ファミリーレストランをはじめとする外食は、今や二十四時間オープンが珍しくありません。
 お金さえ出せば、なんでも食べられる“豊かな食”の一方で、糖尿病などの生活習慣病は急増し、最近は若年層にも広がっています。
 企画「食卓の向こう側」では、私たちの「食」が問いかけているものを探っていきます。

 福岡市西部のマンションに住む内山良美(35)=仮名=は、会社員の夫(35)、小学六年生の長男と三人暮らし。共働きで「生活は人並みかな」。

  ×   ×

 十一月のある日。「会議の資料づくりがある」夫は、午前七時に栄養ドリンクを飲んで出勤。寝るのが遅かった長男は布団でぐずぐず、今日も朝食を食べずに登校した。良美はトーストと牛乳で済ませ、職場へ。「朝はあわただしいから、三人が食卓にそろうのはめったにない。一緒なのは日曜日ぐらい」(夫)
 昼。良美は会社近くの弁当屋ですき焼き弁当を購入。夫はコンビニで空揚げ弁当とウーロン茶。どちらも五百円から釣りが来た。長男は給食。「うちよりおいしいし、みんなと食べるのが楽しい」
 午後四時すぎに帰宅した長男は、カップラーメンを食べ、スポーツ飲料のペットボトルを手に、学習塾へ急いだ。
 良美は、週一回のママさんバレーの練習日とあって、定時に職場を出ると、デパ地下で鶏の空揚げ、ポテトサラダ、きんぴらごぼうを選んだ。六時に帰宅、買ってきた総菜をパックのまま食卓に並べ、練習場へ。
 七時半、長男はジャーからごはんをよそい、一人で食事。インスタントのスープに湯を注ぎ、テレビを見ながら、嫌いな野菜をよけて空揚げを食べた。「お母さんがうるさく言わないから、一人の方が気が楽」
 良美から「今日は食べてきて」と言われた夫は同僚と居酒屋へ。枝豆、焼きナス、焼き鳥をつまみにビールを飲み、仕上げにラーメン。十時に帰宅し、三人でスポーツニュースを見ながら、夫が買ってきたハンバーガーを食べた。「ついハンバーガーショップに寄ってしまう」(夫)

  ×   ×

 日曜日の夜はたいがい家族で外食する。良美が今週、夕食で台所に立ったのは三日。炒(いた)めものや長男が喜ぶ焼きそばを手早く料理、冷凍食品を“チン”して添えた。残業があった二日は、総菜を買った。
 「夫は掃除、洗濯を手伝う人ではないから、家事はすべて私の負担。料理にかける時間はできるだけ省きたい」のが本音だ。
 良美は、夜中に突然息が苦しくなり、あわてて夫が病院に運んだことがある。過呼吸症候群。「原因はストレス」と医者に言われた。時々、カラオケで気晴らしする。夫は肥満気味で、会社の健康診断では「中性脂肪が多い」。長男は今年二回、朝礼時に気分が悪くなった。担任から「寝るのが遅れ、朝食が食べられない悪循環になっているのでは」と注意された。
 「もう少し子どもにかまってやりたい」と良美は思う。でも、家のローンは残っているし、長男の学資も必要だ。「こんな時代だから、夫も自分もいつリストラされるか」分からない不安も。このレールから外れるわけにはいかない…。

  □   □

 内山家の「食」の風景。あなたは何を感じましたか。
 私たちの食生活は昭和三十年代を境に大きく変わりました。肉、牛乳、パンなど洋風化が進み、インスタントラーメンといった手軽な食品も次々に誕生。ファミリーレストランをはじめとする外食は、今や二十四時間オープンが珍しくありません。
 お金さえ出せば、なんでも食べられる“豊かな食”の一方で、糖尿病などの生活習慣病は急増し、最近は若年層にも広がっています。
 企画「食卓の向こう側」では、私たちの「食」が問いかけているものを探っていきます。

  ×      ×

■生活の充実感は家族だんらんがトップ
 「2003年国民生活に関する世論調査」(内閣府)によると、生活の充実感を感じるのは「家族だんらんのとき」が最も多く43・3%。また「日常生活で悩みや不安を抱えている人」は67・2%で、その内訳は「老後の生活設計」(50・0%)、「自分の健康」(46・3%)、「今後の収入・資産の見通し」(41・7%)、「家族の健康」(38・4%)の順だった。
(2003/12/17,西日本新聞朝刊)

■食卓の向こう側 第1部
(2003/12/17~12/26掲載)
1. プロローグ こんな日常どう思いますか
2. 呆食 「20年後、あなたの夕食は」
3. 青春期内科 いびつな食生活心と体病む
4. 乳と血 おっぱいの味おかしいよ
5. 火星人 食べ物ちゃんとかめますか
6. 骨なし魚 抜かれているのは何ですか
7. 身土不二 外見は同じでも“違う”野菜
8. 家庭科 授業は未来に役立ちますか
9. 洋風化 文化変えた米国の小麦戦略
10.生教育 親から子へ語ってほしい

食卓の向こう側(1)■食卓の向こう側(1)
 経済大国といわれる日本。国内総生産(GDP)は米国に次ぎ世界第2位。だが、この閉塞感はどうだろう。年間の自殺者は3万人。モノがあふれ、豊かに見えるが、どうも幸せとは思えない。お金さえ出せばなんでも食べられる満ち足りた食生活を送る一方で、膨らむ健康への不安。それをあおるかのように、「○○が病気に効く」「○○健康法」という†錬金術†のような情報がうたかたのように現れてはまた消えていく。
そんな現代の「食」が、私たちの社会の何を映し、何を問いかけているのか。シリーズ「食卓の向こう側」は、その背後にあるものを見つめることにある。
第1弾は総論編。共稼ぎ夫婦と子どもの家庭での孤食と偏食の実態。骨粗しょう症が、子どものときの食事に原因があるとか、息子のアレルギー体質は、夫婦の若いころのファストフード型の食事に関係があるなどの指摘。軟食化の怖さ、旬を忘れた食べ方…。記者たちの鋭いまなざしから発信された食の現実が、家族や地域、環境や農業、医療、教育、福祉のありようを考えさせる。

A5判ブックレット/500円
(★詳細はこちら

◎食卓第1部・ブックレット
1. 良美は思う。「このレールから外れるわけにはいかない・・・」
2. 食生活を考える。それは「20年後の自分を見据える行為である」と中村は言う
3. 「家庭は説教の場でした。笑って食べることも許されなかった・・・」
4. 「私が重ねた『食』のつけが、長男にまわってきた」
5. 「咀嚼が不自然だと歯並びも崩れる。意欲も低下する」
6. 骨を抜かれているのは、われわれの暮らしの方なのかもしれない
7. 「自然の都合に食卓を合わせるか。食卓の都合に自然を合わせるか」
8. 「学校で何を学ぶかが、将来の食生活に大きな影響を与えるのではないか」
9. 「日本人は米国に餌付けされた。その手先になったのが私だ」
10.「一日三回、一年では千回以上。食卓はすごい力を持っている」

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]