2005年7月25日

食卓の向こう側・第6部 産む力、生まれる力<1>現代人 自然なお産難しく 偏食が母体にも影響

shoku_ph6.jpg
前日生まれたばかりの赤ちゃんを、母親と見守る大牟田智子さん(右)

 飽食、運動不足、環境汚染…。経済が発展し、効率化した社会の恩恵を享受する一方、生活そのものが「自然」から遠ざかっている現代。食卓の向こう側・第六部「産む力、生まれる力」では、命の始まりと向き合う「お産」を通して、私たちの生き方や社会のあり方を見つめます。

 民家のような畳敷きの一室。春日助産院(福岡県春日市)には、病院のような機器類は見当たらない。時計の針が午前二時を回った。隣室の明かりがほのかに照らす布団の上でお産が始まった。

 「もうすぐだよ。しっかり息して、赤ちゃんに酸素を送ろうね」。白衣ではなく、Tシャツにエプロン姿の助産師が、産婦の腰をマッサージしながら、静かに語りかける。バーススツール(出産用のイス)にまたがった産婦が強い陣痛に従っていきむと、赤ちゃんの頭が見えた。「上手ね。もう楽にしていいよ」。産婦が力を緩めると、重力の助けを借り、つるっと生まれた。赤ちゃんは、羊水を自分で鼻と口から「ぐしゅっ」と出して「ほにゃー」と泣いたが、母の胸に抱かれるとすぐ、穏やかな表情に戻った。

 立ち会った家族が、新しい命を囲んで約二十分。助産師が言った。「へその緒の拍動が止まったね。そろそろ切ろうか」。子宮は、赤ちゃんが十分肺呼吸できるようになったころ、自然にへその緒から血液を送ることをやめ、胎盤をはく離しようとする。自然な流れに合わせてへその緒を切り、後産も済ませた助産師は、手際よく赤ちゃんに母乳を吸わせた。

 「乳首が刺激されると、子宮をぎゅっと収縮させるホルモン(オキシトシン)が出る。産後の異常出血を防ぐため、ほ乳動物の体が備えた自然の止血法なのよ」

×   ×

 体が本来持つ力を最大限生かすお産をサポートする春日助産院。最近、「なるべく薬や医療技術に頼らない『自然なお産』をしたい」と、助産院を訪れる妊婦が増えた。だが、院長の助産師大牟田智子(45)は、こう指摘する。
 「そういう人でも、実は『自然に産める体』になっていないことが多いんです」
 妊娠五カ月で来院した女性は、朝がパン一枚、昼は買った弁当、深夜に焼き肉やハンバーグを外食し、野菜は食べてもサラダだけという生活。子どものころからの運動不足で体は硬かった。
 「そのまんまでは難産が目に見えている」と大牟田。子宮や卵巣、胎盤など生殖器には、毛細血管が張り巡らされている。「偏食で血液がどろどろになると、生殖器は本来の機能を発揮しにくく、病気も起きやすい。お産に必要なホルモン分泌もスムーズにいかない」というのだ。その女性は来院後に食生活を見直したものの、弱い陣痛が九日間続き、本格的な陣痛から三日がかりでお産した。
 また、ダイエットや手軽な食事で鉄欠乏性貧血(酸素を運ぶ血色素の欠乏)になっている妊婦も、来院者の半数近くに上る。重症になると、母体からの血液だけで成長している胎児の「生まれる力」にも影響しかねない。

×   ×

 四十年前の一九六五年、大牟田の母・喜香(77)が、この助産院を開業した。大牟田は、約二十年前の新米助産師のころ、母のやり方を懸命に覚えようとした。しかし、「母の世代に倣うだけでは、今の女性の体や生活に合わなくなっている」と気づいた。
 例えば、母乳育児。以前は、しっかり食べさせ、飲ませ方を教えればよかった。でも今は、乳腺(せん)に脂肪などが詰まり、胸がガチガチに張る産婦が目立つ。搾乳して時間がたつと、脂の層が浮く母乳もある。母乳の苦味や甘みが強くて赤ちゃんが飲まなかったり、飲んでも湿疹(しつしん)や便秘になったりし、母子の心身トラブルにつながることもある。
 「今、母乳育児をサポートするには、『乳のもとは血』ということから伝える必要がある」と大牟田。食生活を整え、それをおいしいと感じる体をつくれば、悩みも少しずつ改善していくという。
 「お産は自然そのもの。向き合うと、現代人の生活がいかに不自然かを感じます」

■助産院
 助産師の国家資格を持つ人が運営。自宅分娩(ぶんべん)専門や、母乳育児のサポートのみの助産院もある。厚生労働省によると、総数は1970年、15731カ所だったが、2003年には1409カ所に減った。
(2005/07/25付,西日本新聞朝刊)

■食卓の向こう側・第6部 産む力、生まれる力
(2005/7/25~7/31掲載)
1. 現代人 偏食が母体にも影響 自然なお産難しく
2. 体づくり 子供の世話できますか
3. コントロール 消えゆく「見守る」お産
4. 戦後の改革 お産の「主役」、誰ですか
5. チャンス 向き合えば人生変わる

第6部

■食卓の向こう側(6)
お産を通して現代人の食や体を見つめた連載「食卓の向こう側 第6部  産む力、生まれる力」(2005年7月25日から31日掲載)と連載で紹介した助産師や専門家に加え、新たな産院のあり方を模索する医師らが参加した座談会、読者の感想、取材班の記者が自然料理教室に通いながらレシピを執筆、本紙で連載した「美穂の『めざせ!半歩先』自然食をつくろう」などに関連資料を添え、再構成しました。
 妊産婦が「産み育てる体づくり」を意識して、できることから食を見直していけば、それはそのまま、胎児を含む子どもたちの「ふるさとの味」が見直されることになり、家族みんなの食が整っていくきっかけにもなります。お産は、現代人の心と体をよりよい方向に導くための大きなチャンスと言ってもよいでしょう。命の始まりと向き合う「お産」を通して、現代人の食生活や生き方、体の動き、社会の在りようを見つめ直します。

A5判ブックレット/500円
(★詳細はこちら

◎食卓第6部・ブックレット
1. 「実は『自然に産める体』になっていないんです」
2. 「普通のごはん、作れません」
3. 「お産の進み方には理由がある」
4. 「3人産んだのに、娘に語り継げるものはなかった」
5. 視線の先には、より豊かな未来を子どもたちに残す責任も見えてくる

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]