2006年3月25日

食卓の向こう側・第8部 食育 その力<1>プロローグ 何のための食育ですか 未来に待ち受けるもの

1.jpg

 「なんか違うよなあ」。今年1月、東京・有楽町であった「第3回ニッポン食育フェア」の会場。福岡県宗像市のフリー記者、森千鶴子さん(37)は、心に浮かんだ違和感を打ち消せないでいた。
 地元の食文化を見つめ直し、漁師料理を通じて都市住民と交流する活動「鐘崎ふれあい食堂・むなかたの食とくらし展」。自ら手掛けた取り組みが、フェアの食育コンクールで特別賞に選ばれ参加した。だが、85の食品メーカーや省庁・団体、民間非営利団体(NPO)が設けた展示ブースを見て驚いた。子どもの料理教室、地域の伝統食、よい歯をつくる啓発活動などとともに、国内でその利用について論議が分かれている遺伝子組み換え大豆で作った納豆の試食など、食品関連企業、業界団体のPRコーナーも並んでいたのだ。
 農水省が提唱し、小泉純一郎首相や、猪口邦子内閣府特命担当大臣(食育)がイノシシ汁を試食するなどして盛り上げたフェア。2日間で2万7000人の人出に事務局は「過去最高」と胸を張った。しかし、「まるでビジネスフェア。何のための食育なんだろ」。森さんは、食育の今後に不安を抱いた。
 「まただ」。2歳児健診で、前歯が溶けた幼児を見た鹿児島県の保健師(42)は、思わずため息をついた。
 問診の結果は、予想通り。母親は、いつも哺(ほ)乳(にゅう)瓶にスポーツ飲料を入れ、寝るときに飲ませているという。
 「ボトル・カリエス」。甘い清涼飲料水やジュースが原因でできる虫歯のことを、歯科医の間ではこう呼ぶ。
 むろん、こうした飲料自体は“毒”ではない。飲ませる量や、飲みながら寝る習慣に問題があるのだ。
 赤ちゃんのためのやさしい飲料とうたい、ニプル(ゴム乳首)が取り付け可能なある飲料(糖分5%)のラベルには、小さな文字でこう記されている。
 「粉ミルクの調乳に使わないように」「寝る前にニプルで飲ませることや、だらだら飲みは虫歯の原因になることがある」
 だが、消費者は、そのただし書きよりも、人気タレントが一気に飲み干すCMの映像に目を奪われがちだ。漠然と「体にいい」と思い込み、水代わりに与えてしまう
 保健師は嘆く。「だけど、本当に怖いのは、健診にさえこない親子。そんな人たちにこそ、食育が必要なんだけど、私たちの声は届かない」

    ×   ×

 1月、福岡市内の小学校で、一風変わった食育授業があった。講師役の大手スナック菓子メーカー社員は、「おやつは量を決め、時間を守って食べよう」と呼びかけた。
 「スナックスクール」と題された授業のハイライトは、いつも食べているスナック菓子の計量作業。1日に食べる量をはかりに載せるのだ。
 「70グラム」「80グラム」…。ところが、食べていい量として示されたのはわずかに35グラム。全員から「うわ、少なーっ」と声が上がった。
 この企業は3年前から食育支援プログラムを始めた。教師アンケートで、「子どもに薦めたくない食べ物」のトップとしてスナック菓子が挙げられたからだった。他のおやつ(牛乳180ミリリットル)との兼ね合いで決めた「35グラム」は、商品としてはミニサイズの量。「販売減になる」と営業担当の反対もあったが、食への意識が高まる中で先細りするよりは、「長く付き合ってもらう」方を選んだ。
 学校側は、「企業側に売りたいという思惑はあるかもしれない」と思う。しかし、食育にかける予算がない中、無料の出前授業は魅力だ。「基本法はできても、食育以外にやらなければならないことはいっぱいある。どうすればいいのか、道筋が見えてこないんです」
 無知、思い込み、戸惑い、そして企業の思惑…。昨夏、食育基本法が施行されて以来、ブームとなった「食育」。だが、その前途は“五里霧中”だ。

    ×   ×

 「何をどう食べようと、個人の自由だ。なぜ私的なことに国が口出しするのか」。食育基本法については、そんな疑問の声もある。
 「そうじゃない。もはや、個人レベルの問題ではないんです」。長崎大学環境科学部で「食を変えるプログラム」を研究する中村修助教授(48)は、基本法が求められた背景をこう説明する。
 かつて、人類の存在を脅かしたのは飢餓であり、赤痢やコレラなどの感染症だった。これに対し、先進国ではワクチンや栄養改善、衛生管理の徹底といった武器を手にすることで闘いに勝利した。
 そして、次に現れたのが姿の見えない敵。便利で豊かな食と暮らしが主因とされる肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症など、別名“緩慢たる自殺”ともいわれる生活習慣病だ。
 わが国の糖尿病や、その予備軍の数は2002年、1620万人(厚労省調査)に達した。実に、成人男子の27%が肥満に悩んでいる。子どもとて、無縁ではない。00年、高松市が小学4年生に行った血液検査で、20%が高脂血症、16%に肝障害があるという恐るべき結果が出た。
 このままいけば、国の一般会計予算の4割にも匹敵する総額31兆円(03年度)の国民医療費はさらに膨張。個人のリスクを増やすとともに、行政の財政を圧迫し、社会の仕組み自体を変えてしまうだろう。
 私たちは何をもって、この難敵と闘うのか。
 「それは教育しかない。ビジネスありきではなく、明確な目的を持った食育、大人から子どもまで対象にした食育が求められている」。中村助教授は、力を込める。

   ×    ×

 長崎県佐世保市の新田(しんでん)保育園。給食を食べ終わった園児は食器を流し台まで運び、トレーは自分の手で洗う。「それがこの園の伝統です」と話す保育士の山内千賀子さん(37)には、忘れられない言葉がある。
 園では毎年6月、近くの畑でゴボウ掘りを体験する。地面に湿り気があると簡単に抜けるが、好天が続くと、大人でも容易ではない。まして園児なら、三人がかりで十分以上かけて周囲を掘ったにもかかわらず、途中でポキッと折ってしまうことがある。
 そうして掘ったゴボウが給食に出たとき、ある年長児が言った。
 「先生、昨日ね、スーパーに行ったとよ。そしたらね、ゴボウが二本で百円やった。あんなにきつか思いしたとに、安かよねー」
 「簡単に抜けた方が楽でいい」。気楽に考えていた山内さんはハッとした。園児の感性は、苦労して掘ったことを通じて、単なる農作業体験を超えた食育の本質をとらえていたからだ。
 「何を食べるかだけじゃだめ。食べ物の向こう側に思いをはせられるような教育をしなければ…」

   ×    ×

 誰のための、何のための食育か。そして、どう進めていけばいいのか。シリーズ第八部「食育 その力」では、各地で展開されている先進事例を交えながら、求められる食育の姿や可能性を探ります。
(この連載は編集委員・佐藤弘、同・重岡美穂、同・田中良治、地域報道センター・簑原亜佐美が担当します)

    ×      ×

 連載に関する感想、意見をお寄せください。〒810−8721、西日本新聞社編集企画委員会「食 くらし」取材班へ。ファクスは092(711)5004。メールはshoku@nishinippon.co.jp

(2006/3/25 西日本新聞朝刊)

■食卓の向こう側・第8部 食育 その力
(2006/3/25~4/15掲載)
1. プロローグ 何のための食育ですか(3/25)
2. 家庭の現実 ここから何ができるか(3/26)
3. 保護者 10年後の姿見えますか(3/27)
4. 根源 空腹は最高のごちそう(3/30)
5. 自立心 「過保護」では育たない(3/31)
6. 自立心(2) 「ケア対象」から卒業を(4/2)
7. 南国方式 家庭炊飯器が残食消す(4/4)
8. 足元の宝物 動きだせば見えてくる(4/5)
9. 家庭科 学ぶ機会が減っていく(4/6)
10.弁当の日(1)子供一人最後まで(4/7)
11. 弁当の日(2)待ち」が子ども育てる(4/8)
12. 弁当の日(3)家族で鍋料理囲もうよ 魚より釣り方を教えよ(4/9)
13. 命 アイガモ通して感じて(4/11)
14. よりどころ 「競争」ではない豊かさ(4/13)
15. 食の文化祭 作り手の思いがつなぐ(4/14)
16. エピローグ 食育を子育ての場所に(4/15)
読者の声.生きる力育てる教育を 「おかげさま」考えよう(4/20) >>>

第8部

■食卓の向こう側(8)
生活習慣病の低年齢化、子どもたちの生きる意欲の喪失。食が原因と指摘される、こうした現実と2005年7月の「食育基本法」施行などを受け、学校現場を中心に「食育」への取り組みが動き出しました。
本書は、今春本紙で連載した「食卓の向こう側 第8部 食育 その力」を中心に、食育の意義などについて討議したシンポジウムの詳報、連載に寄せられた読者の感想や関連資料を添え、再構成しました。
地場産米と家庭用炊飯器を使い、学校給食の残食をなくした高知県南国市の取り組みや高松市立国分寺中学校長の竹下和男さんが始めた「自分でつくる〝弁当の日〟」など、全国各地で展開されている先進事例を交えながら、さまざまな角度から食育のあり方、可能性を探ります。

A5判ブックレット/500円
(★詳細はこちら

◎食卓第8部・ブックレット
1. プロローグ
「まるで食育ビジネスフェア。何のための食育なんだろ」
2. 家庭の現実
昔の長屋のような開放感があった
3. 保護者
「子どもの成長に意味のあることなら、保護者と一緒に考えていきたい」
4. 根源
「先生は肥料ん効き過ぎ。断食して肥料抜きすれば、病気は良くなる」
5. 自立心
「実は、私たち大人の方こそ成長しないといけない」
6. 自立心2
「抽象的な理解が難しい子でも、料理なら五感で実感できる」
7. 南国方式
「目の前で収穫された米が、なぜ学校給食に使えないのか」
「前例がない? なら、つくればいいじゃないか」
8. 足元の宝物
ささやかな取り組みでもいい。古里のよさに気付く場を与えたい
9. 家庭科
「食は命をつくる。家庭科は命に一番近い教科といえる」
変化は「祖父母の世代」から始まっていた―
10.弁当の日「1」
「弁当の日は、僕たちが大人になるための大切な日だった」
「生きる力とは、体験の蓄積にほかならない」
11.弁当の日「2」
「すぐに手を出したくなるけど、自分でやらせることが大事なんですよね」
「学校から提案する時代に入ったんやと思います」
12.弁当の日「3」
「教師は田植え『を』教えるのではなく、田植え『で』教えなければならんのです」
「魚より釣り方を教えよ」
13.命
「『いただきます』は、ほかの命をいただくという意味なんだよ」
14.よりどころ
人あより上へ上へ…。その先に何があっただろうか
15.食の文化祭
集落は色を尋ねると、母親は「黄金色」と即座に答えた
16.エピローグ
陸がどう感じてくれるか、今はまだ分からない。けれど、ともに歩み、学びたい

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]