2010年3月 8日

伝統構法住宅の見学会 27、28日、佐賀県神埼市

100307_syoku.jpg

 佐賀県産材を中心に国産の無垢(むく)材を利用し、職人たちが筋交いや木材同士を結合させる金具を一切使わない伝統構法で建てたモデル住宅「WOOPYの家」の見学会が27、28両日、佐賀県神埼市脊振町で開かれる。午後1―5時(受け付けは同4時まで)。主催は林業と消費者をつなぐNPO法人「森林(もり)をつくろう」。

 同住宅は、地震などの揺れを全体で受け止めて、しなやかに揺れながら力を逃がすという発想で、高層ビル建築にも応用されている伝統構法の特性を知るために建てられた。見学会では、林業から森林、木材、木造住宅に至るまでの情報が一度に入手でき、それぞれの専門家からも話が聞ける。問い合わせは事務局=0952(59)2018。

=2010/03/07付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]