2010年8月30日

スナック菓子の常習性分析

100829_shoku.jpg

 【取材班より】「粗食のすすめ」や「夜中にチョコレートを食べる女性たち」の著作で知られる東京在住の管理栄養士、幕内秀夫さんが、ポテトチップスなどのスナック菓子に“ハマって”しまう人々を分析し、その解決策を提案した「ポテチを異常に食べる人たち-ソフトドラッグ化する食品の真実」をWAVE出版から刊行した。四六判、215ページ、1470円。

 病気の患者の食事指導に携わる立場から、酒、たばこ、チェコレートと同様、「分かっちゃいるけどやめられない」状態に陥りやすいスナック菓子の常習性に着目。食べ過ぎによって肝心のごはんが食べられなくなって健康被害に遭う前に、いかにしてこうした食品と折り合いを付けるかについてアドバイスしている。

=2010/08/29付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]