2010年9月27日

ミネラル不足 警告の書

100926_shoku.jpg

 人間にとって必要なミネラルが、現代人の食事では不足がちになる理由を明らかにした「食べなきゃ、危険!-食卓はミネラル不足」が、三五館から刊行された。四六判、240ページ、1260円。

 NPO法人「食品と暮らしの安全基金」を主宰し、安全な食品を追求してきた小若順一さんらが執筆した。現代の食品が水煮食品や加工食品中のリン酸塩、過度に精製した食材の多用によって、見た目は同じでもミネラル分が激減していることを実験で証明。食事方法を改めることで、心や体の不調が改善した例を紹介している。

 また同基金では、年間購読料1万円で、斬新な切り口で、食品に関する調査結果をまとめた月刊誌「食品と暮らしの安全」も発行している。
 問い合わせは同基金=048(851)1210。

=2010/09/26付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]