2010年10月 4日

「足育」の実演好評 福岡市でセミナー

101003_shoku.jpg

 【取材班より】「第2回命の入り口セミナー」が9月23日、福岡市の中央市民センターで開かれ、500人の参加者で大いににぎわいました。

 今回の特徴は、口や歯、息の大切さに加え、足の話題が入ったこと。なかでも、みらいクリニック付属リウマチ&フットケアセンター(福岡市)の湯浅慶朗さんが、「足指を伸ばせば人生が変わる」をテーマに、観客の女性を舞台に上げて行った「足育」は大人気でした。足の形状をチェックした湯浅さんが、女性の足に輪ゴムを巻いたり、靴下を履き替えさせたりするだけで、踏ん張り力が一気に変わる実演に、会場から感嘆の声が上がりました。

 第3回は来年1月16日、福岡県宗像市の宗像ユリックスで開催。詳細についてはまたこのコーナーでご報告します。

=2010/10/03付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]