2010年11月 1日

11月21日 鐘崎漁港ツアー

 好評連載中の「鐘崎海人航海日誌」も来週で最終回。網を引く手をペンに持ち替えた権田幸祐さんの“航海”終了を記念し、権田さんが愛してやまない鐘崎漁港(福岡県宗像市)を訪ねるツアーを行います。希望者は、11月21日午後1時(受付は同0時半から)、鐘崎漁協事務所の「鐘崎漁村センター」に集合。資料代、季節の魚の試食付きで参加費千円。先着50人で締めきり。

 ツアーではまず、連載では書ききれなかった漁法や海のこぼれ話など、漁師でしかわからない話を権田さんが講演。続いて権田さんのガイドで漁港を歩き、巻き網船などを見学します。続いて直売所「鐘の岬活魚センター」を訪問。福岡市博多区住吉で「なにわ鮨(ずし)」を経営する尾林忠雄さんの調理による季節の魚を試食する計画で、終了は午後4時ごろを予定しています。

 希望者は、メール=kanezakitorahuku@yahoo.co.jp=またはファクスで、鐘崎ツアー事務局まで申し込む。事務局・権田さん=ファクス兼用0940(62)1928(平日午前8時―午後3時)。

=2010/10/31付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]