2011年3月 8日

農業「小力化」の指南書

20110306_shoku.jpg

 福岡県桂川町の古野隆雄さんが、20年余の実践成果をまとめた「合鴨(アイガモ)ドリーム-小力合鴨水稲同時作」を、農山漁村文化協会から出版した。A5判、192ページ、1995円。

 古野さんによる農法の指南書としては3冊目となる本書。テーマは化学肥料や農薬、農業機械を使って、作業量を減らす「省力化」ではなく、自然の力を利用する「小力化」。例えば、田植えをせず、種もみを直接まくことで規模拡大を可能にした「乾田直(かんでんじき)まき」など。「環太平洋連携協定(TPP)が問題になる時代だからこそ、世界の家族農業が共存できる持続的農業技術の在り方を考えるべきだ」と語る古野さんの、実践に裏打ちされた具体例の数々が紹介されている。

=2011/03/06付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]