2011年8月 1日

農山漁村の復興案 特集 「季刊地域」発行

110731_shoku.jpg

 東日本大震災と原発事故災害に立ち向かう農山漁村の底力をテーマにした「季刊地域・東北(ふるさと)はあきらめない」が農山漁村文化協会から発行された。変形A4判、130ページ、900円。

 農家や漁師が自らのなりわいをあきらめ、土地や船を手放すことを前提に、復興構想会議や宮城県が提唱する「集約化」「特区化」を批判。全国の海の仲間たちが、使い勝手がよいとされる1―3トンの小型船を三陸の漁師に送る動きや、食やエネルギーは小規模分散型で賄っていこうなどといった提案、どこにいてもできる復興支援のやり方など、地に足のついた具体的な復興案が盛り込まれている。

=2011/07/31付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]