2012年2月27日

ミツバチ大量死問うDVD

120226_syoku.jpg

 全国で起きているミツバチの大量死の原因を追った映像作品「ミツバチからのメッセージ」が話題を呼んでいる。上映時間は57分。制作は「ミツバチを救え!DVD制作プロジェクト実行委員会」。2500円(送料込み)。

 岩手や長崎、兵庫などで発生したミツバチの大量死を元に、稲に付くカメムシ退治や松枯れ対策として空中散布されているネオニコチノイド系農薬との関わりを考察。ハチの生態に詳しい兵庫県立大の大谷剛教授や脳神経科学者の黒田洋一郎さんなどの証言を交えながら、その影響が最終的に人に向かう危険性について警鐘を鳴らす。

 問い合わせは実行委の御園さん=04(2944)9087(ファクス兼用)、メール=hukiteien@yahoo.co.jp=へ。

=2012/02/26付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]