2012年6月11日

16日、田川市でセミナー

 【取材班より】命の入り口である口に気を配ることで、病気にならない医療を目指すシンポジウム「命の入り口セミナーin田川」が16日午後0時半から、福岡県田川市平松町の田川青少年文化ホールで開かれます。参加無料。

 岡山大学病院小児歯科の岡崎好秀先生と、口の体操「あいうべ」の考案者で、みらいクリニック院長の内科医・今井一彰先生が講演。岡崎先生は知ってそうで知らない歯の話をクイズ方式で、今井先生は万病の元である口呼吸を鼻呼吸に戻すことで、お金をかけず、無駄な薬を減らして病気を治す方法を、それぞれ楽しく話します。

 2人の顔合わせは昨年2月、北九州市で開かれて大好評を博した第4回「命の入り口セミナー」以来2回目。そのとき聴講された方の「ぜひ、田川でも開催したい」という熱烈なリクエストで、毎年恒例の「ゆめっせフェスタ」の中で実現しました。

 託児(申し込みは13日まで)などの問い合わせは、田川市男女共同参画センター=0947(44)0159。

=2012/06/10付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]