2012年6月18日

循環農業のサクランボ

syoku_120617.jpg

 【取材班より】今年もサクランボの季節がやってきました-。家庭から出る生ごみを堆肥化し、土に返して農産物を育てる「レインボープラン」を進めている山形県長井市から、そんな便りが届きました。昨年、東日本大震災の影響で苦境に立つ現地を応援しようと本紙夕刊1面「これが旬」で紹介し、大好評を博した一品です。

 ラインアップは、1キロバラ詰め、L~2Lサイズ混合、税込み・送料別で(1)佐藤錦=4560円(2)高砂=3500円(3)八興錦=3900円-の3種類。どれも「赤い宝石」の呼び名にふさわしい甘さ。長年土作りに励んできた農家の努力の結晶です。

 九州への送料は2箱(2キロ)まで1270円。発送開始は今月下旬。問い合わせは市民市場「虹の駅」=0238(83)3175。

=2012/06/17付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]