2012年8月21日

「あいうべ体操」の本

syoku_1200819.jpg

 【取材班より】なるべく薬を使わずに病気を治すみらいクリニック院長で内科医の今井一彰さんと、岡山大学病院小児歯科の岡崎好秀さんがタッグを組んだ本「口を閉じれば病気にならない-健康は呼吸で決まる」が家の光協会から刊行されました。B6判、187ページ、1260円。

 ポカンと口を開け、口呼吸をしている現代人が多いなか、舌と唇を大きく動かして、ヒト本来の鼻呼吸に戻す「あいうべ体操」の効果について詳述。鼻呼吸によってアトピー性皮膚炎や潰瘍性大腸炎などが改善した例と、そのメカニズムを解説しています。無料で副作用もなく、今からできるあいうべ体操の秘密が、わかりやすく書かれた本です。


=2012/08/19付 西日本新聞朝刊=

記事一覧

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]