【福岡】市政の立て直し訴え 太宰府市長選、28日投開票

 前市長の失職に伴う太宰府市長選は28日に投開票される。投票は午前7時から午後8時まで市内9カ所で行われ、午後9時から太宰府中学校体育館(五条)で開票される。深夜には新しい市長が決まる見通しだ。

 立候補しているのはいずれも無所属新人の前教育長、木村甚治氏(64)=自民、公明推薦=と元衆院議員の楠田大蔵氏(42)の2人。どちらも前市長と議会の対立で混迷を極めた市政の立て直しを掲げるなど、論戦を繰り広げている。

 前回市長選(2015年4月)の投票率は52・92%。有権者数は5万8966人(20日現在、市選管調べ)。

=2018/01/27付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]