【佐賀】現新2人の一騎打ち 吉野ケ里町長選告示

写真を見る

 任期満了に伴う吉野ケ里町長選と町議選(定数12)が20日、告示された。町長選はいずれも無所属で、再選を目指す現職の多良正裕氏(67)と新人で元町議会議長の伊東健吾氏(70)の2人が立候補を届け出た。町議選は、現職11人、新人2人、元職1人の計14人が立候補した。

 多良氏は、同町三津の事務所前で出陣式に臨んだ。JR吉野ケ里公園駅の駐車場整備やショッピングセンター「サンプラザ」跡地の再開発、給食センター建設の必要性を強調。「命を懸けてこの街を守るんだ、躍進させるんだとの強い気持ちで頑張りたい」と気勢を上げた。

 伊東氏は地元の同町豆田の事務所近くで出陣式。支持者らに「今は執行部のやろうとすることが進まない。もっとスピードを上げて住民サービスを充実するべきだ」と訴えた。自らの行政経験を踏まえ「職員が働きがいがあるよう、職員と一緒に町づくりをしたい」と声を強めた。

 町長選、町議選の投票は25日午前7時~午後8時、町内6カ所であり、同午後9時から東脊振健康福祉センターきらら館で即日開票される。不在者投票は21~24日の午前8時半~午後8時まで町民集会所大ホールで受け付ける。

 有権者数は1万3059人(1日現在、町選管調べ)。

=2018/03/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]