世界医師会長に横倉氏 日本人で3人目、福岡県出身

 横倉義武氏
横倉義武氏
写真を見る

 日本医師会(日医)は22日、横倉義武会長(72)が世界医師会の次期会長に就任することが決まったと発表した。日本人の就任は3人目となる。

 日医によると、台湾の台北市で開催された世界医師会総会で会長選が実施され、選出された。2017年10月に米シカゴで開かれる総会で会長に就任し、任期は1年間。これまで日本人では武見太郎、坪井栄孝両氏(ともに故人)が会長に就任している。

 横倉氏は福岡県出身。12年に日医会長になり、現在3期目。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]