九大グループ 血液 認知症リスク指標に 血糖値変動幅から判定

 血液検査で得られる血糖値の変動幅のデータが、認知症の発症リスクの新たな指標となることを九州大医学部の二宮利治教授(公衆衛生学)の研究グループが突き止めた。福岡県久山町で50年以上続く生活習慣病の疫学調査「久山町研究」の解析で判明した。糖尿病など他の発症リスクの指標と組み合わせれば予防や早期発見につながり、身近な健康診断で自分のリスクを把握できるようになる可能性がある。

 研究グループは年齢別、職業別の人口比率などがほぼ全国平均の久山町と協力して1961年から調査を継続。認知症は85~2012年のほぼ7年ごとに、各回65歳以上の887~1904人を調査した。

 これまでの追跡調査の結果、糖尿病の人は正常な人に比べ認知症になる危険性が約2倍と高いことが判明、リスク要因の一つとして認められている。

 今回は血糖値の変動幅に着目。約1カ月間の平均的血糖値を示すグリコアルブミン(GA)と、約3カ月間の平均的血糖値を示すヘモグロビンA1c(HbA1c)の比が、この変動幅に強い相関関係を持ち、比率が最大の群は、最小の群に比べ発症リスクが2倍になることが分かった。

 毎日の安静時に測る血圧の変動幅が大きいほど発症リスクが高いことも新たにつかんでおり、喫煙や運動習慣の有無などの危険因子を組み合わせ、リスクの予測につなげたい考えだ。

 GAとHbA1cの同時測定は、医療保険が一部の患者にしか適用されないため、普及には課題もある。

 二宮教授は「変動幅の大きさが(体内で有害な作用を及ぼす)酸化ストレスを高めるとみられる。血糖値や血圧そのものだけでなく、変動幅に注目し、より効果的な予防につなげたい」と話した。


=2018/01/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]