大阪大、口内医療にAI活用構想 がんや口内炎、虫歯の診療

 記者会見する大阪大歯学部付属病院の村上伸也病院長=20日午後、大阪府吹田市
記者会見する大阪大歯学部付属病院の村上伸也病院長=20日午後、大阪府吹田市
写真を見る

 大阪大とNECは20日、人工知能(AI)を用いたデータ解析を、口の中にできるがんや口内炎、虫歯の診療などに役立てる構想を発表した。これまで医師の技術や経験に依存していた診療分野に、最新の情報通信技術(ICT)を導入し、より速く確実な医療を目指す。

 大阪大では歯学部の付属病院が保有する一部の患者のデータを利用。口内を撮影してがんや口内炎などを早期に見つけ、専門機関の受診の必要性を調べられるAIの開発を進めている。

 今回の構想は、こうした研究に一定の成果が得られたため、実用化に向けて規模を拡大し、有用性を確かめる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]