加熱式たばこ分煙で飲食可能に 都条例案、国と基準合わせ

 日本で広がりつつある加熱式たばこ
日本で広がりつつある加熱式たばこ
写真を見る
 受動喫煙防止の法案と東京都案
受動喫煙防止の法案と東京都案
写真を見る

 東京都は5日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、6月の都議会定例会(12日開会)に提出する受動喫煙防止条例案を公表した。従業員を雇う飲食店は面積にかかわらず原則屋内禁煙とする。一方、加熱式たばこは紙巻きたばこと区別し、専用の喫煙室を設けて分煙すれば、喫煙できるようにした。喫煙室では飲食も可能。

 都が4月に発表した条例骨子案では、加熱式、紙巻きにかかわらず、全てのたばこについて、飲食できない「喫煙専用室」でのみ喫煙可能としていたが、国が今国会で成立を目指している健康増進法改正案の基準に合わせた。

 6月議会で成立すれば20年4月に全面施行する。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]