細胞死導く酵素が神経再生 線虫で解明、名古屋大

 体内で不要になった細胞を死なせて排除する役割を持つ酵素に、切断された神経の再生を促す働きがあることを、名古屋大の久本直毅教授(分子生物学)の研究グループが線虫を使った実験で明らかにし、6日付の英科学誌電子版に発表した。

 神経の細胞は、細長く伸びた「軸索」を介して、他の神経細胞や筋肉などに電気信号を送っており、けがなどで軸索が切れると神経として機能しなくなる。再生することもあるが、詳しい仕組みは分かっていなかった。グループは、傷ついた神経を再生させる治療法の開発につながると期待している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]