たばこの総損失2兆円超 関連介護費は2600億

 喫煙のイメージ=東京・東新橋
喫煙のイメージ=東京・東新橋
写真を見る

 たばこの害による2015年度の総損失額は医療費を含めて2兆500億円に上ることが8日、厚生労働省研究班の推計で分かった。たばこが原因で病気になり、そのために生じた介護費用は2600億円で、火災による損失は980億円だったことも判明した。

 14年度も直接喫煙や受動喫煙による医療費を算出していたが、15年度は介護や火災に関する費用を加えた。研究班の五十嵐中・東京大特任准教授は「たばこの損失は医療費だけでなく、介護など多くの面に影響が及ぶことが改めて分かった」とし、さらなる対策が必要だとしている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]