3人に2人が寿命90歳 若い女性、厚労省推計

 1990年生まれの女性の場合、65歳まで生きれば3人に2人が90歳まで長生きする―。厚生労働省は10日、社会保障審議会の年金部会に超長寿社会を象徴するこんなデータを示した。高齢期の就労と年金制度の姿を議論する参考資料と位置付けた。

 推計では、90年生まれで65歳まで生きた男性が90歳まで生きる確率は44%、女性は69%。女性が100歳まで生きる確率は80年生まれと90年生まれが最も高く、ともに20%にもなった。

 50年生まれは、65歳を過ぎると男性で35%、女性で60%が90歳まで長生きする。男女とも年齢が若くなるほど長生きする確率は増すとしている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]