孤立で介護・死亡リスク1・7倍 高齢者、筑波大など調査

 1人暮らしで人付き合いが少なく社会的に孤立した高齢者は、そうでない人に比べ、介護が必要な状態になったり死亡したりするリスクが1・7倍高いとの調査結果を、筑波大などの研究チームがまとめた。

 研究チームは滋賀県米原市と協力し、同市内の65歳以上の人を対象に調査。有効回答が得られた6603人について、2011年から6年間、要介護認定を受けたり死亡したりする割合を追跡した。

 社会的なつながりが健康に与える影響を調べるため、(1)近所付き合いがない(2)独居(3)老人会や地域の祭りなど社会活動への参加がない(4)経済的に困窮―の4項目の指標を設定した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]