グリコ、液体ミルクの安全性強調 来春の発売目指す

 乳児用液体ミルクの試作品を専用のストローで哺乳瓶に移す江崎グリコの開発担当者=29日午後、東京都港区
乳児用液体ミルクの試作品を専用のストローで哺乳瓶に移す江崎グリコの開発担当者=29日午後、東京都港区
写真を見る

 江崎グリコは29日、2019年春の発売を目指す乳児用液体ミルクに関し、報道関係者向けの説明会を開いた。母乳に色や成分を近づけたほか、特殊な容器を使うことで安全性を確保したという。製造販売に向けた国への申請を準備中で、認められれば国内初となる。

 母乳の代わりとなる液体ミルクを巡っては、明治も国の認可を受ける準備を進めている。森永乳業も商品化を検討するなど、販売開始に向けた動きが今後加速しそうだ。

 グリコが東京都内で開いた説明会では、育児中の開発担当者が「母乳が最良」という前提に立ち、「液体ミルクは災害時や、母乳が出ない母親の心の支えになる」と強調した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]