ゲノム編集、日本医師会が非難 「尊厳を無視し生命を軽視」

 中国の研究者が遺伝子を改変するゲノム編集の技術を使って子を誕生させたと主張したことについて、日本医師会と日本医学会は30日「人の尊厳を無視し生命を軽視するもので、国際的な倫理規範から見ても常軌を逸している」と厳しく非難する声明を発表した。

 誕生したかどうか真偽は不明としつつ「今回の行為は、生まれた女児の身体的、精神的、社会的な安寧を踏みにじるもの。同様な非倫理的行為が行われることのないよう、研究や医療に携わる全ての者に強く要請する」と訴えた。

 「影響は後の世代にまで及び、人類という種に対する影響も不透明で、無責任極まりない行為だ」と断じた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]