ラット体内でマウスの腎臓を作製 受精卵にES細胞注入、生理学研

 ラットの体内で作られたマウスの腎臓(点線で囲まれた部分)(生理学研究所提供)
ラットの体内で作られたマウスの腎臓(点線で囲まれた部分)(生理学研究所提供)
写真を見る

 さまざまな組織に変化する「万能細胞」の一種の胚性幹細胞(ES細胞)を使い、ラットの体内でマウスの腎臓を作ることに成功したと生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームが6日付の英科学誌電子版に発表した。

 チームは、同様の手法でマウスの体内でラットの膵臓を作ることにも成功。この技術が応用できれば、大型動物で人間の臓器を作れる可能性があり、チームは「移植用臓器を作製する再生医療に貢献できる」としている。

 チームは腎臓をできなくしたラットを作製し、このラットの受精卵にマウスのES細胞を数個注入。すると、生まれてきたラットに、マウスの細胞からなる腎臓ができていた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]