日南市の納税返礼「クルーズ船の旅」取りやめ 「高額」通知で [宮崎県]

 宮崎県日南市は12日、ふるさと納税の寄付者に贈る返礼品のうち、クルーズ船の旅行券の提供を実施が決まっている来年1月の旅を最後に取りやめることを明らかにした。総務省から「価格が高額」として通知されたための措置。

 市は油津港にクルーズ船の寄港が増えたことを受け昨年3月、寄港するクルーズ船の旅行券を返礼品に加えた。50万~120万円の寄付をすると、日本最大級の客船「飛鳥2」などで4~9日間、国内や韓国の港を巡る寄付額の5割程度に相当する旅行券を贈っていた。同日までに15件の申し込みがあったという。

 総務省は4月、過熱する返礼品競争を是正する目的で、家電など資産性や換金性が高い返礼品を自粛し、返礼品の価値を寄付額の3割以下とするよう、通知を出している。日南市は、寄付額の平均5割程度にしているほかの返礼品も年内に3割程度に見直す方針。

=2017/06/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]