宮崎空港「ガンジスカレー」 機内食採用で人気急上昇 [宮崎県]

宮崎空港名物の「ガンジスカレー」と3種類のレトルト商品
宮崎空港名物の「ガンジスカレー」と3種類のレトルト商品
写真を見る

 宮崎空港内レストランのメニューとして1962年に誕生し、宮崎県民に愛されている「ガンジスカレー」の3種類のレトルトが人気を集めている。

 レストランは空港を運営する宮崎空港ビルの直営。「ガンジス」「宮崎和牛」「宮崎黒豚」のレトルトカレーのうち、宮崎和牛が昨秋から日本航空の世界7カ国13路線の国際線機内食になって注目され、人気が急上昇。相乗効果でガンジスと宮崎黒豚も売れだした。

 昨年10、11月の空港売店での売り上げは前年比3倍の約7千食。コクのある味が好評といい、空港ビル担当者は「宮崎から全国、世界に羽ばたきたい」。

=2018/01/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]