宮崎県庁曳家工事終わる 5号館、会議室などに使用 建物ごと70メートル移動 [宮崎県]

曳家工事が始まる前の宮崎県庁5号館(左)
曳家工事が始まる前の宮崎県庁5号館(左)
写真を見る
曳家工事で70メートル移動した
曳家工事で70メートル移動した
写真を見る

 宮崎県が建物ごと移動させていた県庁舎5号館(宮崎市橘通東1丁目)の曳家(ひきや)工事が終了した。5号館は元の場所から約70メートル移動。2019年度末に敷地内に完成する防災拠点庁舎の横に位置し、会議室や展示スペースに使用する。

 5号館は市の指定景観重要建造物で、木造建築物以外の曳家は全国でも珍しいという。建物の下にレールを設置し、途中で約100度回転させて移動した。昨年末に工事を終える予定だったが、建物の損傷を避けるため慎重に作業し、今月10日まで工期が延びたという。

=2018/02/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]