中学生が「宮崎スマホサミット新聞」 使い方の注意促す [宮崎県]

完成した「スマホサミット新聞」を手にする宮崎市の赤江中の生徒会執行部
完成した「スマホサミット新聞」を手にする宮崎市の赤江中の生徒会執行部
写真を見る

 宮崎市立赤江中の生徒が今月、スマートフォンを介したトラブルや事件に巻き込まれないよう注意を促す「宮崎スマホサミット新聞」を製作し、市内の全小中学校73校に配布した。

 中学5校の生徒が参加する「スマホサミット」が7月にあり、新聞作りを提案した同中生徒会の6人が夏休みにA3判1枚の新聞を製作。無料通信アプリで知り合った人と実際に会ったり、ゲームで高額の料金を支払ったりした実態調査の結果を掲載した。

 今後は残りの4校が新聞を作る予定。6人は「スマホは使い方さえ誤らなければ便利なツール。新聞を読んで、良い使い手になってほしい」。

=2018/09/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]