ホークス日本一の祝賀と歓迎、宮崎市でパレード 31日、工藤監督と主力参加 [宮崎県]

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスキャンプ地の宮崎市は11日、昨季のホークス2年連続日本一の祝賀を兼ねた歓迎パレードをキャンプイン前日の31日に市中心街で実施すると発表した。工藤公康監督や主力選手約30人が参加する予定。

 戸敷正市長が会長を務める「福岡ソフトバンクホークス宮崎協力会」の主催。31日は午後5時半から宮崎県庁近くの特設ステージで歓迎セレモニーを開催、選手らはオープンカーなどに分乗して同市橘通西1丁目の市役所前を出発する。宮崎山形屋前の交差点を折り返す全長1.5キロのコースで、午後6時半までに終了予定。宮崎でのホークスのパレードは5回目。昨年は約5万人のファンが集まり、今年も同程度を見込んでいるという。

=2019/01/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]