さそり座と月、木星、金星、土星が一列に 都城市の蓑部さん撮影 [宮崎県]

月と3惑星が協演した明け方の空=1日午前6時ごろ、宮崎県都城市高崎町(蓑部樹生さん撮影・作図)
月と3惑星が協演した明け方の空=1日午前6時ごろ、宮崎県都城市高崎町(蓑部樹生さん撮影・作図)
写真を見る
宮崎県都城市高崎町の空=1日午前6時ごろ(蓑部樹生さん撮影)
宮崎県都城市高崎町の空=1日午前6時ごろ(蓑部樹生さん撮影)
写真を見る
月と金星の部分を拡大した画像(蓑部樹生さん撮影)
月と金星の部分を拡大した画像(蓑部樹生さん撮影)
写真を見る

 星空の名所、宮崎県都城市高崎町の天文愛好家グループ「たかざき星を見る会」会長の蓑部樹生さん(72)が1日午前6時ごろ、同町から南東の空で、月と木星、金星、土星が並んだ写真の撮影に成功した。右側にはアンタレスをはじめとするさそり座の星々も輝き、幻想的な協演となった。

 山の端から土星が昇ったばかりで、空が明るくなるまでの短い時間に撮影した。蓑部さんは「金星に月が寄り添い、朝焼けに美しく印象的でした」と話した。

 この構図はこの日限りで、金星のそばにある月は、2日の同時刻には土星の真上に移動するという。

=2019/02/01 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]