旧都城市民会館解体に「待った」 イコモスが停止勧告 故菊竹清訓氏設計、メタボリズム代表作 [宮崎県]

解体方針が決まっている旧都城市民会館=12日、宮崎県都城市
解体方針が決まっている旧都城市民会館=12日、宮崎県都城市
写真を見る

 福岡県久留米市出身の戦後を代表する建築家、菊竹清訓(きよのり)氏(1928~2011)の設計で、高度成長期の建築運動「メタボリズム」の代表作とされる宮崎県都城市の旧市民会館の存廃が揺れている。市が今月上旬、保存・活用が困難として解体決定を発表したのに対し、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は12日、池田宜永(たかひさ)市長宛てに会館の解体計画の停止を求める勧告文書を提出した。イコモスは撤回されない場合、国際的な警報の発令も見据える。

 勧告文は県や文化庁などにも同時に出された。「あらゆる解体計画の停止」と「国際的な専門機関との(保存・活用に向けた)意見交換」を求め、従わない場合は、より強い国際的遺産警報(ヘリテージ・アラート)を発する準備があるとする。強制力はないが、世界から文化財保護の在り方が問われることになり、発令されれば国内3例目。過去には菊竹氏設計の「出雲大社庁の舎(や)」(島根県出雲市)も対象になっている。

 旧市民会館は1966年完成。高さ約26メートルで、コンクリートと鉄骨を組み合わせたハリネズミのような外観は今でも斬新だ。

 会館は、新文化ホールの完成に伴い2007年に閉館。その後宮崎市の学校法人に無償貸与されたが、改築費用などを捻出できずに17年末には返還申し入れがされた経緯がある。

 市は「人口減など優先課題が多い中、市単独の保存費用負担は困難」と判断し、民間活用に活路を求めた。日本建築学会(東京)も積極的に動いたが、民間企業からの活用提案はなく、昨年7月の市民アンケートでも8割以上が解体を支持したため、池田市長が最終決定した。市は、新年度予算に解体予算を計上する方針で、国際的遺産警報の発令は必至だ。

=2019/02/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]