日章学園、いざ甲子園へ 全力プレーで初白星を [宮崎県]

選抜高校野球大会への意気込みを語る福山凛主将(前列左)=18日、宮崎空港
選抜高校野球大会への意気込みを語る福山凛主将(前列左)=18日、宮崎空港
写真を見る

 23日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第91回選抜高校野球大会に初出場する日章学園(宮崎市)の野球部一行が18日、宿舎がある大阪市に向けて宮崎を出発した。宮崎空港であった出発式で、福山凛主将(3年)は「宮崎県代表、九州代表としてのプライドを持って一戦必勝で戦ってきます。応援してくださる方々の思いを背負って、全力プレーで恩返ししたいと思います」と大舞台への意気込みを語った。

 出発式で花束が贈られた後、畑尾大輔監督は「大きな声でこの子たちと校歌を歌うのが夢。スタンドと一緒に校歌を歌い、いい顔で帰ってきたいと思います。ぜひ応援よろしくお願いします」と呼び掛けた。

 得能剛校長は「甲子園でも伸び伸びとすばらしいプレーをしてくれると信じている。日章学園旋風を巻き起こしてくれることを期待しています」。宮崎県高校野球連盟の荒川信一会長は「自分たちの力を信じて、勝負強さを発揮してほしい」と激励した。

 2002年の夏の甲子園は初戦敗退。今大会は念願の甲子園初白星をあげた上で「ベスト4以上」を目標に掲げる。日章学園は大会2日目(24日)の第1試合で、習志野(千葉)と対戦する。

=2019/03/18 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]