アミュプラザ宮崎、来年10月開業 駅構内も改装 JR九州と宮交のツインビル起工 [宮崎県]

JR宮交ツインビルの建設地。手前がJR宮崎駅前広場
JR宮交ツインビルの建設地。手前がJR宮崎駅前広場
写真を見る
ホームごとに東西に分かれたJR宮崎駅の改札口。ツインビル建設に合わせ、1カ所に集約される
ホームごとに東西に分かれたJR宮崎駅の改札口。ツインビル建設に合わせ、1カ所に集約される
写真を見る

 JR九州(福岡市)と宮崎交通(宮崎市)は2日、JR宮崎駅西口に計画している「JR宮交ツインビル」の起工式を行った。同事業全体は来年9月の完成予定。工期は1年半と余裕はないが、ビルの中核施設となる商業施設「アミュプラザ宮崎」は同10月の開業を目指す。

 起工式には、両社や県、宮崎市、工事関係者など約80人が参加。JR九州の青柳俊彦社長はあいさつの中で、ツインビル建設に合わせて、現在はホームごとに分かれている宮崎駅の改札口を1カ所に集約することも明らかにした。

 ツインビルは、駅広場に隣接する第1ビル(10階建て)と県道を挟んだ第2ビル(6階建て)からなり、第1ビルの6階までが商業施設、5、6階に複合型映画館(シネコン)が入る。7階以上はオフィスフロアとなっている。7階の一部は屋上庭園となる。第2ビルは全フロアが商業施設で、ツインビル全体で飲食や衣料店など約50店舗が入る予定。

 両社は、他都市では認めていなかった高速バスの駅乗り入れを1990年代半ばに実現させるなど、良好な関係を築いてきた。青柳社長は「(宮崎交通と)一緒にやったからこそ、このプロジェクトを形造ることができた」と述べた。宮崎交通の川端史敏社長は「この駅周辺のにぎわいが街へと広がり、中心市街地の発展につながってほしい」と話した。

=2019/04/03 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]