風雨に耐えたボタン見頃 佐世保花園 [長崎県]

見頃を迎えた佐世保花園のボタン
見頃を迎えた佐世保花園のボタン
写真を見る

 佐世保市八の久保町の佐世保花園のボタンが、見頃を迎えている。17日の激しい風雨で半分ほどの花が傷んだり、枝が折れたりしたが、耐えて大輪の花を咲かせたボタンに、訪れた人々は感心したように見入っていた。

 同市皆瀬町、建設会社社長重村善三さん(81)が地元の人々に花を楽しんでもらおうと、私財を投じて造った同園。山を切り開いた約4万平方メートルの敷地にボタンやバラ、シャクヤクなど「数えたことがない」(同園)というほど多くの種類の花々を植えている。ボタンは約30種類1万株を超え、赤やピンク、紫などの花が美しさを競っている。

 来週末ごろまでボタンが開花中は入場料500円(中学生以下無料)。その他の時期は無料。

=2017/04/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]