59団体が練り歩く のんのこ諫早まつり盛況 [長崎県]

写真を見る

 小皿を打ち鳴らしながら踊る「のんのこ踊り」の祭典「のんのこ諫早まつり」が16日、諫早市の中央交流広場をメイン会場に開かれた。

 商店街から広場までを練り歩く「のんのこ街踊り」には、保育園や小中高校、企業などの59団体が出演。法被を着たり、顔に化粧をしたりした5千人以上がカチカチと皿を響かせ、観客の目を楽しませた=写真。

 審査員が選ぶ「金皿賞」を受賞した諫早小は5、6年生と保護者の計250人の大所帯。5年生の女子(10)は「みんなと皿の音が重なって楽しかった」と笑顔だった。

=2017/09/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]